電子的ヒトリゴト

心理学が好きなゲイのブログ。主に読書、考察、心理学、SOGIなど

ゲイと腐男子とBL

 僕は、BL作品が好きである。しかし、腐男子とは無縁である。

 wikipediaの「ボーイズラブ(BL)・やおい作品を好む男性のこと」という定義によると、僕は腐男子に当てはまるけど、僕は、自分を腐男子ではないと考えている。単なるゲイなのだ。

 僕が思う腐男子は、ゲイではないがBL作品が好きな男性のことを意味する(以下、腐男子はこの意味で使用する)。その理由は、ゲイがBL作品を見るのと、腐男子がBL作品を見るのとでは、感じ方が違うと思うからである。ゲイがBL作品を見る場合、BL作品は、おそらく自分の恋愛欲求や性的欲求を満たすためのコンテンツになる。しかし、腐男子がBL作品を見る場合、純愛や萌えを享受するためのコンテンツになるだろう。

 以上を踏まえ、いままで気になっていたことがある。それは、腐男子を自称する多くの人は、自分がゲイ、またはバイセクシュアルだと言いたくないために、腐男子と言っているのではないか、ということだ。なぜ、そう思うのかというと、実は、むかし僕は腐男子を自称しようとしていた時期があるからだ。自分がそうだったから、他人もそうだ、というのは暴論であると承知したうえで、そうじゃないかなあと何となく思う。

 なぜ、ゲイではなく腐男子を自称したいか。それは、内在化されたホモフォビアと周囲のホモフォビアを回避するためである。つまり、ゲイだと自称するより腐男子だと自称するほうが、自分にも周りにも受け入れられやすいと、自分が思っている。どこかゲイであるというレッテルが自分に貼られることへの恐怖があるのではないだろうか。しかし、ゲイ的な指向があるにもかかわらず、ゲイを使わず、腐男子と積極的に自称するのは、悪くはない。むしろ、大切なプロセスだと思います。

 「いや、そうじゃない。ここに書いてあることは、まったく見当違いだ」と言う方もおられるだろう。そうなったら、そうなったで、腐男子の心情に関して、ますます興味がわきます。以上、個人的な思いでした。

 

<参考>

腐男子 - Wikipedia

腐男子とはなんなのか。男が好きだからBLを読むんじゃないんだぜ - エキレビ!(1/2)

BLに萌える「腐男子」増加中 ホモ好き男子の実態 - NAVER まとめ

老いと嗜好性

 いま僕は20歳。今年21歳になる。

 嗜好性って老いとともに変わるのかな。今後どうなるかが気になるところであるが、少なくとも現在までにおいては、嗜好性は老いとともに変わってきている。たとえば、こんなところで言うような話ではないと思いつつも、個人的な日記だから吐露しますが、僕は昔はいわゆるショタというものが好きだったのです。ショタが好きといっても、僕自身がショタ的な年齢だったから、いま僕が言ったショタとは意味が変わってくると思いますが、そういうタイプの人に対して自分の嗜好性が向いていたのです。いや、もう変な言い回しはやめにしましょう。そういうタイプの人が好きだったのです。しかし、年齢を重ねるにつれて、だんだんとショタに対する関心が減ってきました。むしろ、関心が自分と同じ年齢ぐらいの人に移行しているのを感じます。それは、僕がショタ的な年齢から離れていくからでしょうか? この感覚をもとに老いと嗜好性には関連性があるのかなあと思うようになりました。そこには、自分と相手の精神性というのが入り込んでくるのかもしれませんね。

 ここまではよいとしましょう。嗜好性が老いにマッチしてくれたら、それは僕にとって都合がよいからです。しかし、懸念すべきことが1つあります。それは、僕がこのまま30歳、40歳になったとき、本当にその年齢とともに嗜好性は変わってくれるのか、ということです。何かのデータを見たのですが、女性は年齢とともに同年代ぐらいの人を魅力的に思うようだが、男性は年齢を重ねても若い人を魅力的だと思うようです。実際、異性愛でいうと、男性が年上で女性が年下の歳の差婚が見受けられますね(なぜ女性が年上の人を好きになったのかということは置いておく)。これが本当だとしたら、そして、このデータでいう男性が、男性同性愛者(ゲイ)にまで適用されるのだとしたら、僕にとって課題が増えるかもしれません。なぜなら、歳をとるにつれて、周囲からの需要がなくなり、しかし、若い人を魅力的に思ったままになるからです。

 どうなんだろうなあ。いままでのように、歳を重ねたら、それ相応に、同年代ぐらいの人を魅力的に思いたいものです。

 

<参考>

netgeek.biz

イヌタデ

 僕は植物の名前を絶望的に知らない。散歩してて、「きれいだな~」と思っても、それが何の植物なのかわからないのだ。しかし、何気ない植物でもすべてに名前がきちんとあるのだろう。僕がその植物の名前を知っていたら、僕たちは友達になれるのに、誠に残念だ。

 今日、いままで気になっていた植物の名前を1つ新たに知った。それは、イヌタデだ。茶花ハンドブックに記されていた。

茶花ハンドブック 風炉編

茶花ハンドブック 風炉編

 

 

 イヌタデは、実家にたくさん生えている。

f:id:takahashi_blog:20170920152004j:plain

 

生けてみた。

f:id:takahashi_blog:20170920152117j:plain

最近変わったこと(1)

昼食を取らなくなった

 食事代や昼食後の眠気、食べなくてもお腹が空かない、食べるのに時間がかかるなどの理由から昼食を食べなくなりつつあります。ただ、何も口にしないで勉強していると頭がいたくなるので、ちょっとずつココアを飲んでいます。今後はどうなるかわかりません。

 

新聞を読むようになった

 ニュースはwebとテレビで十分だと思っていたのですが、最近になって新聞を読むようになりました。ちなみに、テレビ番組は『週刊ニュース深読み』と『クローズアップ現代+』を録画し、気になったところだけ1.5倍速で見ています。webでは、nhkオンラインニュースなどのニュースサイトをfeedlyに登録してます。

 なぜ新聞を読むようになったかというと、良いところがあるからです。たとえば、情報の有限化がされている、重要性が一目でわかる、一覧性が高いのですぐ読み終わる、自分が読まないような記事も目に入るなどが挙げられます。新聞を読むといっても、前回の記事で書いたように、”読んだ”の基準が曖昧ですから、かなり速読してます(笑)。そのため、読むのにそんなに負担にならないです。

 

敷布団を使わなくなった

 諸事情で、敷布団を使っていないです。現在、畳の上で寝ています。最初は、畳が硬くて、背中が痛かったのですが、1週間ぐらい続けたら慣れました。逆に、敷布団がないおかげでダラダラ寝ることがほとんどなくなりました。今後どうなるかはわかりません。

 

瞑想を再開するようになった

 今までずっと瞑想をしてきていたのですが、あるときからしなくなっていました。しかし、再び定期的にやろうと思いました。ヨガに関しても、時間があるときはしています。

 

茶道を始めた

 茶道を始めました。昔、部活で茶道をしていたことがあるのですが、それ以降しなくなっていました。しかし、再び始めました。以前、茶道をやっていたときとは違い、マインドフルネスや思想を意識して取りかかっているので、楽しいです。

 

買った物を使っている

・紙の辞書を持ち歩く

・長時間のPC作業や寝るまえにブルーライト用メガネを使う

・1冊のノートに勉強したことをすべてまとめる

最近買ったもの(1)

水筒

f:id:takahashi_blog:20170916123629j:plain

 ココアを入れるのに、何か良い水筒あるかなあと探して買いました。ペットボトルと違い、飲み口が広く、唇への触りが優しいです。これからも使っていこうと思っています。

 

ブルーライト用メガネ

f:id:takahashi_blog:20170916123709j:plain

 眼精疲労の緩和や睡眠の質の向上のために、何かできることないかなあと考えて、ブルーライト用メガネを買いました。効果については、他人が言っているがままにしているので、具体的にどのように良いのかわかりませんが、とりあえず体験的に試してみようと思います。

エレコム ブルーライト対策眼鏡 日本製 超吸収 ブラウンレンズ グレー OG-YBLP01GY
 

 

辞典

・ポケット辞典

f:id:takahashi_blog:20170916123729j:plain

 僕は電子辞書持っているのですが、持ち歩き用として紙の辞書を使いたいなあと思ってポケットサイズの国語辞典と英和辞典を買いました。電子辞書と紙の辞書は、どちらが学習によいのか、という議論はなされていますが、がっつり紙の辞書を使ってみて判断しようと思います。比較研究なんかも見ていきたいですね。個人的には、紙の手触りとか好きなので、紙の辞書の有用性を示したいです。

 どちらとも型落ちを買ったので、安かったです。英和辞典は第8版、国語辞典は第4版のものを買いました。ブログ上のamazonのリンクでは、国語辞典第4版は出なかったです。

デイリーコンサイス英和辞典

デイリーコンサイス英和辞典

 
デイリーコンサイス国語辞典

デイリーコンサイス国語辞典

 

 

・類語辞典

f:id:takahashi_blog:20170916123757j:plain

 文章を書くとき、国語辞典と並んで、類語辞典は大切だと思った。こちらもポケット用だが、卓上用のもいずれほしい。類語辞典は現在持っている電子辞書に入っているが、なんだか使う気になれない。なんでだろう。

ことば選び実用辞典 (ビジネスマン辞典)

ことば選び実用辞典 (ビジネスマン辞典)

 

キャリア・アンカー:一人ひとりの根底にある大切にしたいテーマ

出典

金井 篤子 (2007). キャリア発達 山口 裕幸・金井 篤子 (編) よくわかる産業・組織心理学 (pp.76-96) ミネルヴァ書房

 

内容の解釈 

 キャリア発達の中でも、今回は”キャリア・アンカー”を取り上げます(p.85)。

 キャリア・アンカーはシャインによって提唱されました。

 その意味は、「一人ひとりにとって、選択を迫られた時に、どうしてもあきらめられないことがら」に関するテーマです。つまり、キャリアにおいてこれだけは譲れない! ってものですね。

 キャリア・アンカーには、以下の8つがあるといいます。

 

 1.専門・機能別コンピタンス・・・ある領域で才能を発揮し、専門家でありたい

 2.全般管理コンピタンス・・・責任ある地位につき、自分の努力によって組織の成果を左右したい

 3.自律・独立・・・自分のやり方、自分のペースを優先したい

 4.保障・安定・・・将来に関して安心した気持ちで、ゆったり仕事をしたい

 5.起業家的創造性・・・新しい事業を起こしたい

 6.奉仕・社会的貢献・・・何らかの形で世の中を良くしたい

 7.純粋な挑戦・・・解決不能と思われていた問題を解決したい、手ごわい相手に勝ちたい

 8.生活様式・・・個人、家族、キャリアのニーズをうまく統合させたい

 

 キャリア・アンカーは、働き始めて10年ほどたって明確になるようです。

 

感想

 キャリア・アンカーは、wikipediaにも載っていました。

 キャリア・アンカー - Wikipedia

 キャリア・アンカーに自分の気持ちを照らし合わせて、将来のことを考えるのはかなり役に立ちそうです。

 上記にも書いたように、キャリア・アンカーは働き始めて10年ほどたって明確になるようなので(根拠はわからない)、常に迷ったときはここに立ち返るのも大切かなあと思います。

 ただし、この類型が絶対ではないので、妄信しすぎず、参考程度に留めておくとよいと思います。

 現時点での私のキャリア・アンカーは、1.専門・機能別コンピタンス、3.自律・独立、6.奉仕・社会的貢献のどれかかなあと思っております。

 キャリア・アンカーは複数にまたがるのか、それとも1つに決まるのか、よくわかりませんが、働き始めてから明確になるということなので、今の考えがどのように変化するかが少し楽しみです。

 

よくわかる産業・組織心理学 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

よくわかる産業・組織心理学 (やわらかアカデミズム・わかるシリーズ)

 

youtuberのゲイのカミングアウトについて

 この件について少し触れる。内容を簡単に述べると、チャンネル登録者数が約20万人のyoutuberグループの1人がゲイであるとカミングアウトした。

 これを見て、僕は希望を持った。影響力がある人が途中からゲイであることを明かしたからである。これまでにも日本のメディアにおいてゲイは存在している。しかし、その場合、ゲイであることを武器にして出演していることが多い

 今回はそれとは違い、ナチュラルな形でゲイであることを明かしたのである。途中からゲイであることが明かされることによって、視聴者などの周囲の人は、ゲイを一気に身近なこととして感じると思う。なぜなら、最初からゲイであること知っている場合と途中から知った場合では認知的な処理がまったく違うと考えられるからである。

 最初からゲイとして触れた場合、その人はステレオタイプ的なゲイとして処理され、自分とは全く関係ない存在になる。しかしながら、いままで親しみを覚えていた人が、ゲイであると分かった場合、自分と関係する存在として、その認知的な処理は、より詳細なものになるのではないだろうか。

 そして、この出来事は、これから起こることの萌芽とみなすことができる。セクシュアルマイノリティであるが、それをいままで公言してこなかった著名人たちが、ナチュラルな形でカミングアウトする日は近いと思う。私としては、セクシュアルマイノリティの問題はメディアが一番大きく関連していると考えているので、これは希望になる。