読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子的ヒトリゴト

心理学部の大学生ブログ

インターネットで一緒に自主ゼミをやりませんか

大学生の日記

※この記事はトップに表示されます。

  • 要約(pdf)
  • はじめに
  • 自主ゼミの方法
  • 自主ゼミの意義
  • 興味があるテキスト
  • おわりに
  • 引用文献

 

要約(pdf)

 以下で述べる内容を簡潔にpdfでまとめてみました。自主ゼミを友人と行いたい人は、この文書を渡すと良いと思います。

自主ゼミに関する文書

続きを読む

これから連絡先を大切にしようと思う

大学生の日記

f:id:takahashi_blog:20170321151343j:plain

 

 携帯電話の電話帳を見たら、20人ぐらいだった。1年前ぐらい、電話帳の中でもう連絡取らないだろうなと思う人を削除したんだっけ。それで残ったのが、業務連絡用も含めて20人分。しかも、その人たちは電話番号だけとかメールアドレスだけとか、連絡先として不完全である。そして、ついこの前、久しぶりに連絡取りたいなと思った人のメールアドレスにメールしたら、先方がメールアドレスを変更したみたいでメールが送れなかった。自分に返ってきた。その人から「メールアドレスを変更しました」というメールが私のもとに届かなかったのは、メールアドレスを変更したまま放置していたのは私の方だからである。相手はメールアドレス変更の旨のメールを私に送りたくても送れない。

 

 昔、私は突発的に連絡先を変更して、既存の人間関係から自由になろうとすることがよくあった。上述したようにメールアドレスを突然変更することがあったし、ラインでさえも突然削除して新しいアカウントを作るなんてことがあった。当時は、連絡を取りもしない相手と繋がっていることを象徴するような連絡先という存在から逃げたかったんだ。なぜなら、孤独感が、多数の人間関係を抱えている中では相対的に増すからだ。それだったら、いっそ人間関係を少なくして、等身大の孤独感を味わおうとしていた。

 

 しかし、それは昔の話だ。ある人は「『昔の自分は〇〇だったよね』などと自分の経験を客観的に過去形で語れるようになったとき、今はその経験の渦中にはいない」と言った。つまり、今の自分は、昔の自分とは違うのである。だから、これから連絡先を大切にしようと思う。人間関係の大切さを痛切に感じるようになった20歳です。みんなは、そのことに中高生ぐらいから気づいているのかな。

箱根神社と明治神宮へ一人旅に行ってきた


 日帰りで箱根神社と明治神宮へ一人旅に行ってきた。青春18切符を使用した。平日にもかかわらず観光客は結構いた。恋人や仲間と観光に来ている人が多く、それを見て少し寂しく感じたが、一人旅はそういうものなのである。一人で旅をするからこそ、誰かと行く旅と違う味わいがある。今回の旅の中で、すれ違う人々を見て「この人にも人生があるんだな」と何回も思った。そう思えるほどに一人旅は内省的だったのだ(本当か?)。

 

 以前の私は写真をあまり撮っていなかった。写真を撮ることに積極的な意味を見出せずに、写真を撮るべき場所では半ば惰性で写真を少しだけ撮っていた感じである。しかし、最近になって思い出を形に残したいと思うようになった。だから今回の旅において、写真を撮るためのコンデジ(カメラ)を携えた。以下に写真を載せる。

 

f:id:takahashi_blog:20170317022426j:plain

f:id:takahashi_blog:20170317024943j:plain

f:id:takahashi_blog:20170317024803j:plain

f:id:takahashi_blog:20170317024811j:plain

 

 以下が私が用いたコンデジ(カメラ)。

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX100 1.0型センサー F1.8レンズ搭載 ブラック Cyber-shot DSC-RX100

 

 

simフリースマホと格安simを購入した

大学生の日記

f:id:takahashi_blog:20170314222759j:plain

 

 simフリースマホと格安simを購入した。そしてdmmモバイルと契約した。そのプランは通話なしのデータ通信月1GBであり、その料金は月480円である。安い。最近まで格安simが何のかわからなかったし、自分が実際に購入するなんて思ってなかった。しかし、ふとしたきかっけで調べてみると、それは思いのほかシンプルかつお得だったため、購入へと至った。

 

 私は、ガラケーも使っている。ただ、simフリースマホと格安スマホの購入をきっかけにガラケーのメール機能を停止し、今は電話機能のみで運用している。結果的に、ガラケーのみを使っていたときよりも、今のほうが月の料金が安くなった。のちに、ドコモの2年縛りのタイミングでガラケーも解約しようと思う。

 

 ところで、私の携帯電話歴は、ガラケー→スマホ→ガラケー→ガラケー+スマホ(今ここ)である。初めてガラケーからスマホに変えたとき、ある人に「新しい自分に変化してきているのだと思います」と言われたことがある。なるほどと思った。そして今、ガラケーからスマホに変えた。それはつまり、いまも自分の中で何か新しい変化が起きているのかもしれない。たしかに、スマホを契約したのは外でインターネットを通じて他人と連絡したいと動機づけられたからである。その根源的な動機は他人と交流したいというもので、それは今までの自分と方向性が変わっていると思う。

 

 

 

図書館に行くと勉強する気になる:アフォーダンス

大学生の日記 心理学の日記


 ここ数日は、勉強しに図書館へ行っている。不思議と図書館に行くと自然と勉強する気になる。ここで思ったのが、アフォーダンスという概念。アフォーダンスとは、人と物の関係性のことである。デザインの勉強でよく目にするかもしれない。たとえば、取っ手の付いたコップは、人に、そのコップの取っ手を持つことをアフォードしている(与えている)。それを考えると、――空間的な環境にまで適用できるか知らないが――図書館は、人に勉強や読書をすることをアフォードしているといえるだろう。一方、以前に言った休日に家で勉強ができずに怠惰でいる理由は、家は娯楽的な行為を私にアフォードしているからなのかもしれない。そう思うと、娯楽的な行為を私にアフォードしてくる空間で、勉強できないのも仕方ないと納得がつく。もし娯楽用の部屋と勉強用の部屋が別々にあったら、家で勉強できないということもなくなる可能性がある。ただ、図書館では他人がいるなどの別の要因も存在していると思うが。なお、アフォーダンスについて専門的な本は読んだことがないので詳しくないことを断っておく。

休日になると怠惰になる

大学生の日記

 過去にそれは何回も経験している。休日になると怠惰になるのだ。土日における休みなら、精神が回復した程度のことなのだろうが、長期休暇だと地獄。逆に精神が削られていくほどに怠惰になる。このまま過ごすと脳みそがおかしくなりそう。だらだら過ごすのは、自分にとっては楽だけど、自分の生産性にとっては負であると思われる。しかし、この場合だと、自分にとって楽ではないから、自分の身体と生産性において、lose-loseの関係である。

 

 自分も望んでいないにもかかわらず怠惰になる。これは、難しい問題である。意志を越えたところの何かがある。それはおそらく環境だ。以前にも同じようなことを書いたが、同じ過ちを繰り返しているとなると、これは大切なことだが忘れがちなことでもあるということだ。おそらく思うに、――私の場合――休日は基本的に外出したほうがよい。それが、このスパイラルを抜け出す方法である。人生のtipsとして、常に念頭においておきたい・・・・・・。

爪を磨いてみた

大学生の日記

 前回の『世界一受けたい授業』で、爪をきれいにすると人見知りが改善すると言っていた。そこに何の因果関係があるのかって思うかもしれないが、これは具体的にいっただけであって、要所は「自分の中に自信を持てる部分を作ろう」ということだ。そして今回は番組でいっていたように愚直に爪を磨いてみた。今回は以下のものを用いた。

 

デュカート ツメミガキセット

デュカート ツメミガキセット

 

 

 結果は以下のとおりになった。パソコンの画面において、左が磨く前で、右が磨いた後だ。

f:id:takahashi_blog:20170228183952j:plain f:id:takahashi_blog:20170228184020j:plain

 

 写真だと伝わりづらいかもしれない。実際に見ると、すごい変わりようだ。磨くだけでも結構疲れた。いまさらながら思うが、これを定期的にしている人がいると思うと、自分の容姿に気を遣っている人の素晴らしさを痛感する。みんなレベル高すぎないか。みんな頑張っているんだなあ。私も少しずつ気を遣っていこうと思う。