電子的ヒトリゴト

心理学が好きなゲイのブログ。主に読書、考察、心理学、SOGIなど

読書など

キャリア・アンカー:一人ひとりの根底にある大切にしたいテーマ

出典 金井 篤子 (2007). キャリア発達 山口 裕幸・金井 篤子 (編) よくわかる産業・組織心理学 (pp.76-96) ミネルヴァ書房 内容の解釈 キャリア発達の中でも、今回は”キャリア・アンカー”を取り上げます(p.85)。 キャリア・アンカーはシャインによって提唱…

人間関係でやる気があがる?

出典 岡田 涼 (2010). 人との関わりとやる気 伊藤 崇達 (編) 改訂版 やる気を育む心理学 (pp.102-129) 北樹出版 内容の解釈 自律的なやる気を育むために、他者との関係性が大切であると主張されています。 自律的なやる気における他者との関係性には、主に2…

聴くことの大切さ『新版 人づきあいの技術――ソーシャルスキルの心理学』

はじめに 人づきあいの技術―ソーシャルスキルの心理学 (セレクション社会心理学) 作者: 相川充 出版社/メーカー: サイエンス社 発売日: 2009/10/01 メディア: 単行本 クリック: 30回 この商品を含むブログを見る みなさんは自分のソーシャルスキルに自信はあ…

最近考えていること(1)

基礎知識を身につける 最近、基礎知識の重要性を考えている。読書をたくさんするのもよいが、単純な読書だけではなく、知識を身につけるための勉強をしっかりしたほうがよいのではないか、ということだ。 読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読…

加藤さんの英語勉強法『こんなふうに英語をやったら?』

鎌倉で買った本 こんなふうに英語をやったら? (中公文庫) 作者: 加藤恭子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 1980/12/10 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る かつて英語のできない生徒だった著者が、いかにして外国語をマスターしたかを体験的…

全体の中の位置づけを意識する『読んでいない本について堂々と語る方法』

よく見かける本 読んでいない本について堂々と語る方法 (ちくま学芸文庫) 作者: ピエールバイヤール,Pierre Bayard,大浦康介 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/10/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (13件) を見る 教養とは、書物を<共有図書…

腐女子と同性愛『腐女子の心理学』

はじめに 腐女子の心理学 彼女たちはなぜBL(男性同性愛)を好むのか? 作者: 山岡重行 出版社/メーカー: 福村出版 発売日: 2016/06/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る この頃、BLが大衆化していっているように感じる。本屋にいけばBLのコ…

仕事を人に任せる

諸事情によりもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)を読まなければならなくなった。本書に書かれていることを、私はいま取り組んでいる組織活動と対比して考えた。その結果、痛感したことは仕事を他人に任せる…

勉強するとキモくなる『勉強の哲学』

勉強の哲学 来たるべきバカのために 作者: 千葉雅也 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2017/04/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (18件) を見る 勉強によってノリが悪くなる、キモくなる、小賢しくなる。勉強する以上、それは避…

倫理学がたずねるもの『倫理学入門』

倫理学入門 (放送大学教材) 作者: 宇都宮芳明 出版社/メーカー: 放送大学教育振興会 発売日: 1997/03 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 倫理学に漠然と興味がある。何が善くて何が悪いのか。子供の頃には、大人はそんなことをすべて知っていて、…

マジックワードに陥らず、一緒に考えよう

僕はあなたと一緒に考えたい。対話を重ね、考えを深めたいのだ。 この世には、マジックワードというものがある。はてなキーワードでは以下のように説明されている。 人をあたかも魔法のように思うように動かすことができるキーワード。主に意味が曖昧で、使…

ステレオタイプはどのように維持されるか『ステレオタイプの社会心理学』

ステレオタイプの社会心理学―偏見の解消に向けて (セレクション社会心理学) 作者: 上瀬由美子 出版社/メーカー: サイエンス社 発売日: 2002/03/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 31回 この商品を含むブログ (3件) を見る 本書は、ステレオタイプに関…

同性愛者の生きている世界『同性愛者における他者からの拒絶と受容』

同性愛者における他者からの拒絶と受容―ダイアリー法と質問紙によるマルチメソッド・アプローチ (シリーズ・臨床心理学研究の最前線) 作者: 石丸径一郎,下山晴彦 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房 発売日: 2008/03 メディア: 単行本 クリック: 8回 この商品…

内向性は欠点ではない/『内向的な人こそ強い人』

内向的な人こそ強い人 作者: ローリーヘルゴー,Laurie Helgoe,向井和美 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/02/28 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る 私は漠然とした生きづらさを感じている。それが何なのか。私がセクシュアルマイノリ…

自尊感情よりセルフコンパッションを高めよう/『セルフ・コンパッション あるがままの自分を受け入れる』

セルフ・コンパッション―あるがままの自分を受け入れる 作者: クリスティーン・ネフ,石村郁夫,樫村正美 出版社/メーカー: 金剛出版 発売日: 2014/11/26 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 一般的に,高い自尊感情はメンタルヘルスの向上をもたら…

同性愛はいかにして継承されるか/『同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか』

同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか (文春新書) 作者: 竹内久美子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/11/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 私は子供が好きだ。しかしながら,ゲイであるから一般的なルートで子供を授かり,愛でるこ…

Xジェンダーという性自認/『Xジェンダーって何?日本における多様な性のあり方』

Xジェンダーって何?―日本における多様な性のあり方 作者: Label X 出版社/メーカー: 緑風出版 発売日: 2016/10/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る Xジェンダーを知っているだろうか。近年,メディアなどを通してLGBTというワードが多く…

青年期におけるゲイ男性の物語/『しまなみ誰そ彼(1)』

しまなみ誰そ彼(1) (ビッグコミックススペシャル) 作者: 鎌谷悠希 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2015/12/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 主人公,たすく少年の葛藤などのリアルな心理描写がたまらない。本漫画の主人公は,高校生…

社会心理学者からみた茶道/『心理学者の茶道発見 癒しと自己の探求』

心理学者の茶道発見―癒しと自己の探求 作者: 岡本浩一 出版社/メーカー: 淡交社 発売日: 1999/06/01 メディア: 単行本 クリック: 2回 この商品を含むブログを見る 私は茶道が好きだ。実のところ,高校時代に私は茶道部に入っていた。しかしながら,残念なこ…

姿勢が心に及ぼす効果/『動きが心をつくる 身体心理学への招待』

動きが心をつくる──身体心理学への招待 (講談社現代新書) 作者: 春木豊 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/08/18 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 28回 この商品を含むブログ (18件) を見る 身体心理学。それは、心と身体は繋がっているという考え方…

最近読んだ本(1)

今年も終わりますね。時間としてはあっという間に感じるけれど、考えてみたらこの1年いろいろあったなと思います。漢検を受けてみたり、心理学検定を受けてみたり。そしてブログを始めてみたりしました。もう少しでブログ歴1年になるけれど、まだまだ体裁が…

<読書>根拠を安定させるために経験的事実を示す/『議論のレッスン』

本記事の要約 『議論のレッスン』を読んだ。この本は、前回の記事において紹介した『論理表現のレッスン』を読んだときに、ついでに注文したものである。本書は、議論について具体例を示しながら説明するものであった。その中で私が気になったのは、主張に対…

<読書>「服の乱れは心の乱れ」は、くびき法/『日本語のレトリック―文章表現の技法』

本記事の要約 『日本語のレトリック―文章表現の技法』を読んだ。ブログを始めてから後3か月ほどで1年が経つが、文章は上達していないかもしれない。そのため、文章に深みを与える技術を知りたいという動機から本書を選んだ。本書は、30のレトリックを実際の…

<読書>要点を明確にし論理的な構成を意識する/『出口汪の論理的に話す技術』

本記事の要約 『出口 汪の論理的に話す技術』を読んだ。この本は、前回の記事で述べた先生にご紹介していただいたものの1つである。本書は、対話形式で論理的な話し方について書かれたものであった。その中で私が気になったのは、相手に理解されようと思った…

<読書>不毛な議論からの教訓/『論理表現のレッスン』

ご紹介いただいた本 論理表現のレッスン (生活人新書) 作者: 福澤一吉 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2005/01 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (14件) を見る 先日、話し方が明晰で分かりやすい先生にお願いして…

<読書>異質なものを結びつける/『文章のみがき方』

文章の巧拙には際限がない 文章のみがき方 (岩波新書) 作者: 辰濃和男 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2007/10/19 メディア: 新書 購入: 6人 クリック: 77回 この商品を含むブログ (68件) を見る 過去の記事を見返すと、恥ずかしくなる。今の私なら違う…

<読書>回復のための場所を持つ/『自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義』

頂いた本 自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義 作者: ブライアン・R・リトル,児島修 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2016/06/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 人からプレゼントとして頂いた。ありがたかった。…

<読書>わかっていない部分を把握する/『勉強法が変わる本』

勉強法の本 勉強法が変わる本―心理学からのアドバイス (岩波ジュニア新書) 作者: 市川伸一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2000/06/20 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (27件) を見る わかっているつもりが、他人との対話…

<読書>読んだあと一気に書き上げる/『続「超」整理法・時間編』

先ほど読み終えた 続「超」整理法・時間編―タイム・マネジメントの新技法 (中公新書) 作者: 野口悠紀雄 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1995/01/25 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 342回 この商品を含むブログ (55件) を見る 気づけば、読書感想…

紙の辞書を買ってみた

3冊買った(国語辞典2冊、英和辞典1冊) 何の因果か、急に紙の辞書が欲しくなったのである。今まで電子辞書を使っていて、常時携帯していた。それは紙の辞書よりも電子辞書のほうが便利といわれていたからだし、私もそう思っていたからである。しかし、紙の…