読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子的ヒトリゴト

心理学部の大学生ブログ

姿勢が心に及ぼす効果/『動きが心をつくる 身体心理学への招待』

動きが心をつくる──身体心理学への招待 (講談社現代新書) 作者: 春木豊 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2011/08/18 メディア: 新書 購入: 5人 クリック: 28回 この商品を含むブログ (18件) を見る 身体心理学。それは、心と身体は繋がっているという考え方…

最近読んだ本(1)

今年も終わりますね。時間としてはあっという間に感じるけれど、考えてみたらこの1年いろいろあったなと思います。漢検を受けてみたり、心理学検定を受けてみたり。そしてブログを始めてみたりしました。もう少しでブログ歴1年になるけれど、まだまだ体裁が…

<読書>根拠を安定させるために経験的事実を示す/『議論のレッスン』

本記事の要約 『議論のレッスン』を読んだ。この本は、前回の記事において紹介した『論理表現のレッスン』を読んだときに、ついでに注文したものである。本書は、議論について具体例を示しながら説明するものであった。その中で私が気になったのは、主張に対…

<読書>「服の乱れは心の乱れ」は、くびき法/『日本語のレトリック―文章表現の技法』

本記事の要約 『日本語のレトリック―文章表現の技法』を読んだ。ブログを始めてから後3か月ほどで1年が経つが、文章は上達していないかもしれない。そのため、文章に深みを与える技術を知りたいという動機から本書を選んだ。本書は、30のレトリックを実際の…

<読書>要点を明確にし論理的な構成を意識する/『出口汪の論理的に話す技術』

本記事の要約 『出口 汪の論理的に話す技術』を読んだ。この本は、前回の記事で述べた先生にご紹介していただいたものの1つである。本書は、対話形式で論理的な話し方について書かれたものであった。その中で私が気になったのは、相手に理解されようと思った…

<読書>不毛な議論からの教訓/『論理表現のレッスン』

ご紹介いただいた本 論理表現のレッスン (生活人新書) 作者: 福澤一吉 出版社/メーカー: 日本放送出版協会 発売日: 2005/01 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 14回 この商品を含むブログ (14件) を見る 先日、話し方が明晰で分かりやすい先生にお願いして…

<読書>異質なものを結びつける/『文章のみがき方』

文章の巧拙には際限がない 文章のみがき方 (岩波新書) 作者: 辰濃和男 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2007/10/19 メディア: 新書 購入: 6人 クリック: 77回 この商品を含むブログ (68件) を見る 過去の記事を見返すと、恥ずかしくなる。今の私なら違う…

<読書>回復のための場所を持つ/『自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義』

頂いた本 自分の価値を最大にするハーバードの心理学講義 作者: ブライアン・R・リトル,児島修 出版社/メーカー: 大和書房 発売日: 2016/06/22 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 人からプレゼントとして頂いた。ありがたかった。…

<読書>わかっていない部分を把握する/『勉強法が変わる本』

勉強法の本 勉強法が変わる本―心理学からのアドバイス (岩波ジュニア新書) 作者: 市川伸一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2000/06/20 メディア: 新書 購入: 3人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (27件) を見る わかっているつもりが、他人との対話…

<読書>読んだあと一気に書き上げる/『続「超」整理法・時間編』

先ほど読み終えた 続「超」整理法・時間編―タイム・マネジメントの新技法 (中公新書) 作者: 野口悠紀雄 出版社/メーカー: 中央公論社 発売日: 1995/01/25 メディア: 新書 購入: 2人 クリック: 342回 この商品を含むブログ (55件) を見る 気づけば、読書感想…

紙の辞書を買ってみた

3冊買った(国語辞典2冊、英和辞典1冊) 何の因果か、急に紙の辞書が欲しくなったのである。今まで電子辞書を使っていて、常時携帯していた。それは紙の辞書よりも電子辞書のほうが便利といわれていたからだし、私もそう思っていたからである。しかし、紙の…

レポートの書き方の本をマインドマップにして思ったこと

2冊マインドマップにしてみた 『新版 論文の教室』と『これからレポート・卒論を書く若者のために』の2冊をマインドマップにした。動機は、それらの内容を詳しく思い出せないことだった。そして今後のことも考えてマインドマップにした。マインドマップは、…

難しそうな本は難しい

はじめに 最近のところ心理学用語の記事ばっかりだ。積極的に読書や日記の記事を書こうという意識をもつとバランスがよくなるかな。いや、もとよりそれらを書きたくないと思っているわけではない。読書記事に関してはもっと書きたいと思ってさえいる。なのに…

<読書>マインドマップは勉強に役に立つと感じた

今まで知らなかった 記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術 作者: ウィリアム・リード 出版社/メーカー: フォレスト出版 発売日: 2005/09/02 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 67回 この商品を含むブログ (126件) を見る 私はマイン…

日本語の四技能を鍛えるためのテキスト

はじめに 私は書くことが苦手だ。大学に入学にして初めて書いたレポートは散々だった。それも無理はない――書き方に関する技術を学んでこなかったのだから。そのレポートを契機として、私はレポートの書き方の本を読んだ。そのおかげで、最初に比べればずいぶ…

<読書>話し手の気持ちをくみとる/『「聞く技術」が面白いほど身につく本』

聞く技術のテキストを求めて 「聞く技術」が面白いほど身につく本 (ワニ文庫) 作者: 武藤清栄 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 2005/05 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る 聞く技術に関して、まずはこの本と『プロカウンセラーの聞…

<読書>主体性をもって選択する/『君の膵臓をたべたい』

君の膵臓をたべたい 作者: 住野よる 出版社/メーカー: 双葉社 発売日: 2015/06/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (27件) を見る 紹介していただいた本を読みました。読書メーターで確認したら、すごい登録数です。私は流行の本に疎いですね。普段わ…

<読書>頭の中で文章の構造を把握する/『「分かりやすい話し方」の技術』

日本語の4技能を向上させるテキストをそろえたい 「分かりやすい話し方」の技術―言いたいことを相手に確実に伝える15の方法 (ブルーバックス) 作者: 吉田たかよし 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2005/05/20 メディア: 新書 購入: 11人 クリック: 95回 こ…

<読書>大きな流れの中で生きている/『君たちはどう生きるか』

感動的な物語 君たちはどう生きるか (岩波文庫) 作者: 吉野源三郎 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1982/11/16 メディア: 文庫 購入: 54人 クリック: 631回 この商品を含むブログ (155件) を見る そこで、最後に、みなさんにおたずねしたいと思います。――…

<読書>アイディアを、寝かせ、移植し、文章にする/『思考の整理学』

アイディアの扱い方 思考の整理学 (ちくま文庫) 作者: 外山滋比古 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 1986/04/24 メディア: 文庫 購入: 91人 クリック: 844回 この商品を含むブログ (747件) を見る 本書は、大学生の間で人気がある、らしい。知的生産に関す…

<読書>勉強でも人間関係は大切です(戒め)/『学ぶ意欲の心理学』

勉強が進捗しない 学ぶ意欲の心理学 (PHP新書) 作者: 市川伸一 出版社/メーカー: PHP研究所 発売日: 2001/09 メディア: 新書 購入: 4人 クリック: 47回 この商品を含むブログ (39件) を見る この頃どうも勉強がはかどらない。間近に心理学検定を控えているの…

<読書>知的生産のためにメモを取る/『知的生産の技術』

有名らしいが、知らなかった 知的生産の技術 (岩波新書) 作者: 梅棹忠夫 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1969/07/21 メディア: 新書 購入: 34人 クリック: 460回 この商品を含むブログ (302件) を見る どの本を読めばいいか分からない。そのとき私はイン…

<読書>なぜその外国語を学ぶのか/『外国語上達法』

外国語を学ぶときの普遍性 外国語上達法 (岩波新書 黄版 329) 作者: 千野栄一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1986/01/20 メディア: 新書 購入: 32人 クリック: 345回 この商品を含むブログ (81件) を見る 読書感想を書く目的はなんだろう。そんなことを…

速読をするための技術

自分のためにも書きます。特に目新しい技術はないと思います。

小説メモ『君の名は。』

小説 君の名は。 (角川文庫) 作者: 新海誠 出版社/メーカー: KADOKAWA/メディアファクトリー 発売日: 2016/06/18 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (17件) を見る 読んだ。昨日、kindle版を購入しそのまま3時間連続で読みふけりました。私は普段小説をア…

おすすめの心理学の本(概論書)

今回紹介する本は概論書である。心理学というと手軽に心が知れると思う人も多いだろう。しかし基礎となる心理学はより地味なのだ。私は、購入したり図書館を利用したりして概論書を読み比べした。 その中でおすすめの本を紹介する。 おすすめの本8選 個人的…

大学生におすすめの論文・レポートを書くための参考書

現在、私は大学2年生である。1年生のときにレポートをいくつか授業で課題として出された。しかし、私は高校生まで何かを論じるという機会があまりなかったため、書き方がまったく分からなかった。 最初に提出したレポートの結果があまりに酷かったため、私は…