電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

読書など

たぶんHSP

takahashi-blog.hatenablog.jp 上記の記事を書いた。HSPとは、非常に敏感な人のこと。以下の本を読んだ結果、たぶん僕はHSPだと思った。HSPの特徴にほとんど当てはまった。 鈍感な世界に生きる 敏感な人たち 作者: イルセ・サン,枇谷玲子 出版社/メーカー: …

自分の自己愛を振り返って

自分でできるスキーマ療法ワークブック Book 1 生きづらさを理解し、こころの回復力を取り戻そう 作者: 伊藤 絵美 出版社/メーカー: 星和書店 発売日: 2015/07/25 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 最近、セルフヘルプでスキー…

自分らしくあるための3ステップ

Authentic: How to be yourself and why it matters (English Edition) 作者: Stephen Joseph 出版社/メーカー: Piatkus 発売日: 2016/09/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 『Authentic : How to be yourself and why it matters』をちまち…

ACTを日常に取り入れる

ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)をはじめる セルフヘルプのためのワークブック 作者: スティーブン・C・ヘイズ,スペンサー・スミス,武藤 崇,原井 宏明,吉岡 昌子,岡嶋 美代 出版社/メーカー: 星和書店 発売日: 2010/12/08 メディア: 単行…

スキーマ療法にセルフでチャレンジしたくなった

スキーマ療法入門 理論と事例で学ぶスキーマ療法の基礎と応用 作者: 伊藤絵美,津高京子,大泉久子,森本雅理 出版社/メーカー: 星和書店 発売日: 2013/08/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (1件) を見る 『スキーマ療法入門 理論と事…

自分を動けなくする「お馴染みの感情」

つらいと言えない人がマインドフルネスとスキーマ療法をやってみた。 作者: 伊藤絵美 出版社/メーカー: 医学書院 発売日: 2017/10/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (3件) を見る 『つらいと言えない人がマインドフルネスとスキーマ療法をやってみ…

未来の感情を正確に予測する

『幸せはいつもちょっと先にある―期待と妄想の心理学』を読んでいましたら、未来の感情を正確に予測する方法が書いてありました。 人は、未来のことを想像しがちですけど、未来を想像するのは3つの欠点があるといいます。1つ目が穴埋めや放置をしがち。2つ目…

幸福の公式

『ポジティブ心理学は人を幸せにするのか―より良い人生を生きるためのルール』を読んでいたら、幸福の公式が出てきました。 こうしてセリグマンは、ポジティブ心理学の中でも特に著名な理論である「幸福の公式を」生み出します。 幸福の公式:H=S+C+V…

外国語を効果的に学ぶために

外国語学習の科学―第二言語習得論とは何か (岩波新書) 作者: 白井恭弘 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2008/09/19 メディア: 新書 購入: 73人 クリック: 963回 この商品を含むブログ (95件) を見る 以前に1回読んだことがあるのだけど、再読してみた。た…

2017年に読んで、良かった本ベスト10

はじめに 最近はいろいろ読書するようにしているけど、1年通して考えてみたらそんなに読書していないことに気づいた。長いスパンで考えてみると、読書初心者である。僕が、読書を本格的に始めたのは1、2年前なのだ。さらにいえば、効率的かなあと思える読書…

『やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学』

やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学 作者: ハイディ・グラント・ハルバーソン 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン 発売日: 2017/07/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 良さそうな本を読みました。『やって…

『メタ認知的アプローチによる学ぶ技術』

メタ認知的アプローチによる学ぶ技術 作者: アルベルトオリヴェリオ,Alberto Oliverio,川本英明 出版社/メーカー: 創元社 発売日: 2005/12 メディア: 単行本 購入: 5人 クリック: 51回 この商品を含むブログ (7件) を見る 全体的に勉強になる。なぜメタ認知…

『ゲイ生活マニュアル』

ゲイ生活マニュアル 作者: 和矢 出版社/メーカー: データハウス 発売日: 1998/04/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る たまたま発見し、どんなことが書いてあるのだろうと思い、購入した。内容は、専門雑誌を買ってみようとか、ハッテン場に繰り…

『レジリエンス 人生の危機を乗り越えるための科学と10の処方箋』

レジリエンス:人生の危機を乗り越えるための科学と10の処方箋 作者: スティーブン・M・サウスウィック,デニス・S・チャーニー,西大輔,森下博文,森下愛 出版社/メーカー: 岩崎学術出版社 発売日: 2015/10/01 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含む…

『問題解決大全』

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール 作者: 読書猿 出版社/メーカー: フォレスト出版 発売日: 2017/11/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (5件) を見る 読書猿さんの本です。いつもブログを拝読していて、「なんだこの人…

メタ認知的な速読の方法

『メタ認知的アプローチによる学ぶ技術』のコラムに書いてあった速読の方法です。著者のアルベルト・オリヴェリオは精神生物学者みたい。この速読の方法は、堅実ながら役に立ちそうです。実際に、以下の8つのステップで行います(pp.243-244)。 8つのステッ…

『ユーモア心理学ハンドブック』

ユーモア心理学ハンドブック 作者: ロッド・A.マーティン,Rod A. Martin,野村亮太,雨宮俊彦,丸野俊一 出版社/メーカー: 北大路書房 発売日: 2011/09/23 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 読みました。もう表紙からユーモアがあふれていますね(…

ロールモデルから効果的に学ぶ方法

『レジリエンス:人生の危機を乗り越えるための科学と10の処方箋』を読んでいたら、ロールモデルから効果的に学ぶ方法について書かれていました。長い間にわたって、研究者はロールモデルから効果的に学ぶ方法について研究してきたようなのですが、今回のは、…

『ポジティブ認知行動療法 問題志向から解決志向へ』

ポジティブ認知行動療法: 問題志向から解決志向へ 作者: フレドリケバニンク,Fredrike Bannink,津川秀夫,大野裕史 出版社/メーカー: 北大路書房 発売日: 2015/09/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 本書は、問題解決という従来の認知行動療法…

『幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門』

幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない: マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門 (単行本) 作者: ラスハリス,岩下慶一 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2015/12/17 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 本書のタイトルは…

『ライフハック大全――人生と仕事を変える小さな習慣250』

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250 作者: 堀正岳 出版社/メーカー: KADOKAWA / 中経出版 発売日: 2017/11/16 メディア: Kindle版 この商品を含むブログ (2件) を見る ライフハックが250項目書いてありますよ。いいですね。自分にあまり合…

『ロジャーズの中核三条件 一致』

ロジャーズの中核三条件 一致:カウンセリングの本質を考える 1 作者: 本山智敬,坂中正義,三國牧子,村山正治 出版社/メーカー: 創元社 発売日: 2015/08/25 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 僕は人間性心理学が好きです。さらにその近接領域であ…

マインドフル・フォト『ポジティブ心理学を味わう』

ポジティブ心理学を味わう: エンゲイジメントを高める25のアクティビティ 作者: J.J.フロウ,A.C.パークス,島井哲志,福田早苗,亀島信也,Jeffrey J. Froh,Acacia C. Parks,松中久美子,堀田千絵,竹橋洋毅,山田冨美雄,宇惠弘,多田美香里,津田恭充,治部哲也 出版…

『ふだん使いのナラティヴ・セラピー』

ナラティヴ・セラピーとは ナラティヴ・セラピーをご存知ですか。ナラティヴ・セラピーについて、いま手元にある心理学辞典によると、以下のように書いてあります。 ナラティブ・セラピーは、社会構成主義の世界観に基づいており、人は自分の体験を語り、意…

最近読んだ本

図書館に訊け! (ちくま新書) 作者: 井上真琴 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2004/08/06 メディア: 新書 購入: 4人 クリック: 295回 この商品を含むブログ (83件) を見る 図書館っていいよねえ。本書の中で、図書館を使いこなす心得の1つとして、最初に…

『ニューヨーク・ニューヨーク』

ニューヨーク・ニューヨーク 1 (白泉社文庫) 作者: 羅川真里茂 出版社/メーカー: 白泉社 発売日: 2013/08/02 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る このマンガの概要をwikipediaより引用します。 ゲイの男性を主人公にしたシリアスな話。BL的な内…

『人はなぜ集団になると怠けるのか 「社会的手抜き」の心理学』

集団において、人は個人のまんまの性質ではなくなります。すなわち、集団特有の心理的なプロセスが働くのです。その中の1つの現象として、社会的手抜きが知られています。社会的手抜きとは、「個人が単独で作業を行った場合にくらべて、集団で作業を行う場合…

エゴレジ!『「エゴ・レジリエンスで」でメゲない自分をつくる本』

エゴ・レジリエンスとは エゴ・レジリエンスをご存知でしょうか。最近、レジリエンスという言葉は知名度があがっているような感じがします。それにエゴ(自我)がくっついた言葉です。エゴ・レジリエンスは、アメリカの心理学者ジャック・ブロックによって提…

さまざまなテクニックの収集

さまざまなテクニックの収集を試みます。その質については、実証的なエビデンスがなくとも(または、私が適切なエビデンスを提示できなくとも)私が有用であると判断したものを載せます。なるべく本や論文において、研究者のいうことを参考にしようと考えて…

『しまなみ誰そ彼 3』

以下に、少しネタバレがありますので、ご注意ください。 『しまなみ誰そ彼』の3巻を読みました。発売したばかりです。ついでに、以前読んだ2巻の感想も少し書きます。以前に1巻に関してブログに書きました。 2、3巻の感想を軽く書きます。 しまなみ誰そ彼 2 …