電子的ヒトリゴト

心理学が好きなゲイのブログ。主に読書、考察、心理学、SOGIなど

SOGI

youtuberのゲイのカミングアウトについて

この件について少し触れる。内容を簡単に述べると、チャンネル登録者数が約20万人のyoutuberグループの1人がゲイであるとカミングアウトした。 これを見て、僕は希望を持った。影響力がある人が途中からゲイであることを明かしたからである。これまでにも日…

ゲイアプリに関すること(2)

関連する記事をご紹介いただいた 上記の記事を書いたあと、id:cazxxxさんに関連する記事をご紹介いただいた。ありがとうございます。とても助かりました。それは、以下の記事である。 読んだ感想 非常に素晴らしい論考であった。著者のかずかずさんは、ゲイ…

ゲイアプリ&ゲイアイデンティティ

ゲイのアプリをやめた 最近、ゲイのアプリをアンインストールした。それは、半年前ぐらいにインストールしたものだ。実は、アプリを通じて誰とも出会わなかった(チャットは少しした)。なんだか、面倒くさかったのである。アプリはゲイにとって必需品になっ…

腐女子と同性愛『腐女子の心理学』

はじめに 腐女子の心理学 彼女たちはなぜBL(男性同性愛)を好むのか? 作者: 山岡重行 出版社/メーカー: 福村出版 発売日: 2016/06/09 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (1件) を見る この頃、BLが大衆化していっているように感じる。本屋にいけばBLのコ…

性的指向と性的嗜好

性的指向と性的嗜好。読み方はどちらとも”セイテキシコウ”と読みます。だから、混同されることが多いですのですが、「その特徴的な違いとは何か」を考えると、これらを区別することは簡単な問題ではないことがわかります。ここで、まず一般的な説明をするた…

カミングアウトの継続性

どこで見たのか思い出せませんが、以前に「カミングアウトは死ぬまで続く」という言葉を見ました。最近、あるキッカケにより、この言葉の意味を実感しました。そのキッカケとは、セクシュアルマイノリティ(以下セクマイとする)にまったく関係ない人にカミ…

LGBT疲れ

最近、僕はLGBT*1に疲れている。ここでいうLGBT疲れ*2は、セクシュアルマイノリティ(以下セクマイとする)であることそれ自体に伴う1次的な疲れではなく、2次的な疲れを指している。すなわち、よく言われるような、同性愛者が異性愛者を偽るために嘘をつい…

マジックワードに陥らず、一緒に考えよう

僕はあなたと一緒に考えたい。対話を重ね、考えを深めたいのだ。 この世には、マジックワードというものがある。はてなキーワードでは以下のように説明されている。 人をあたかも魔法のように思うように動かすことができるキーワード。主に意味が曖昧で、使…

ステレオタイプはどのように維持されるか『ステレオタイプの社会心理学』

ステレオタイプの社会心理学―偏見の解消に向けて (セレクション社会心理学) 作者: 上瀬由美子 出版社/メーカー: サイエンス社 発売日: 2002/03/01 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 31回 この商品を含むブログ (3件) を見る 本書は、ステレオタイプに関…

ゲイである僕はストレートを好きになるか

本当は「ゲイはストレートを好きになるか」というタイトルにしたかった。しかし、主語が大きいと誰かに怒られそうなので、あくまでも僕個人の話ということを強調するために、タイトルもそのようにした。ちなみに、ストレートとは異性愛者のことである。 本タ…

音声『はじめに/異性性と同性性』

音声で述べてみた。慎重に話しているせいか、たどたどしい。やはり話すのは難しい。音声はブログの補完のようにやっていきたい。ゲイは身近にいるかもしれないということを音声という臨場感を伴いながら記録に残す。 今回はこの記事について少し触れた。

同性愛者の生きている世界『同性愛者における他者からの拒絶と受容』

同性愛者における他者からの拒絶と受容―ダイアリー法と質問紙によるマルチメソッド・アプローチ (シリーズ・臨床心理学研究の最前線) 作者: 石丸径一郎,下山晴彦 出版社/メーカー: ミネルヴァ書房 発売日: 2008/03 メディア: 単行本 クリック: 8回 この商品…

異性性と同性性

私はゲイである。そのせいかわからないが,一般的に相手が男性より女性の方が話しやすい。しかしながら,私は男性であるから,相手は私に話しかけられてどう思っているのだろうと私は常に考える。具体的にいうと,セクハラや痴漢などが念頭にあるため,距離…

同性愛はいかにして継承されるか/『同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか』

同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか (文春新書) 作者: 竹内久美子 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/11/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 私は子供が好きだ。しかしながら,ゲイであるから一般的なルートで子供を授かり,愛でるこ…

Xジェンダーという性自認/『Xジェンダーって何?日本における多様な性のあり方』

Xジェンダーって何?―日本における多様な性のあり方 作者: Label X 出版社/メーカー: 緑風出版 発売日: 2016/10/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る Xジェンダーを知っているだろうか。近年,メディアなどを通してLGBTというワードが多く…

青年期におけるゲイ男性の物語/『しまなみ誰そ彼(1)』

しまなみ誰そ彼(1) (ビッグコミックススペシャル) 作者: 鎌谷悠希 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2015/12/11 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 主人公,たすく少年の葛藤などのリアルな心理描写がたまらない。本漫画の主人公は,高校生…

母にカムアウトした日のこと

先日、僕は母に自分が同性愛者であることをカムアウトした。それは、僕の人生の中でもたくさんの勇気が必要な行為であった。本当は、このことに関しては「大学を卒業するまでには”いつか”話そう」という考えがぼんやりとあっただけだったんだけど、急に「今…