電子的ヒトリゴト

心理学部の大学生ブログ

Googleアドセンスの審査に画像やリンクがあって無料はてなブログでも通過した

SPONSORED LINK

私はブログを初めてから1ヵ月経っていない。

右も左も分からないまま調べながら色々やっていた。

その内の1つにGoogleアドセンスがある。

結果からいえば、1回目は落ち、2回目に通ったのだ。

 

アドセンスの審査を通過するまでの過程

 

アソシエイトと同時期に審査の申し込みをした

この記事でも書いたように私はamazonアソシエイトの審査の申し込みをした。

takahashi-blog.hatenablog.jp

そして、同時期にgoogleアドセンスの審査にも申し込んでいた。

 

申し込みを行ったときの状況

当時の申し込みを行ったブログの状況を説明しよう。

色々なサイトを見たら、記事数が5つ以上、文字数が500~1000字以上が良いと書いてあった。

それを参考にしながら申し込んだのだ。

そして私の場合は、記事数が6つ、文字数が大体その程度である。

ちなみに、画像はフリー素材を扱っているサイトからダウンロードしたものを1つ貼っていた。
さらに、はてなproになるためのお金は払ってないため、広告がたくさん出る無料版のものである。

 

アソシエイトは通過したがアドセンスが落ちた

結果はアソシエイトのみが通過した。

f:id:takahashi_blog:20160318114344p:plain

上がアソシエイトの合格メール。

下がアドセンスの不合格メール。

f:id:takahashi_blog:20160318121112p:plain

画像からも分かるように、同じ内容にもかかわらずアドセンスのみが審査に通らなかった。

すなわち、この結果からはアドセンスのほうが厳しいということになる。

 

記事を書き続け、再びアドセンスに申し込んだ

その後、記事を書き続けた。

記事の数が11つになったとき、私はアドセンスに申し込んだ。

申し込んでいる最中も記事を書き続け、審査の判断が下されるまでに記事数は14つほどになっていた。

文字数は大体500~1000字以上で、少ないものだと500を少し下回っているぐらいだった。

この記事より前の記事を見てもらったら分かると思うが、画像やリンクを多用している。

ほかのはてなブログの記事へのリンクやamazonアソシエイトを利用した本の画像、すなわちamazonへのリンク、を自分の記事の中に使用していた。

アドセンスの審査において気をつけるべきことに画像やリンクを貼らないというものがあった。

しかし、私はアドセンスに申し込むために無味乾燥の記事を書いて、のちに画像やリンクを貼りつけるという作業をしなければならないということが面倒だった。

そこで、私はだめ元でアドセンスの審査に申し込んでみたのである。

 

約3日後に合格メールが来た

以下のメールが届いた。

f:id:takahashi_blog:20160318122253p:plain

前回の不合格から変えたことといえば、記事数ぐらいである。

やはりメールでも来たように不十分なコンテンツだったのだろう。

画像やリンクを貼っててもだめ元で受けてみて良かったと思う。

 

まとめ

 

この記事のタイトルでもあるように、画像やリンクがあって無料はてなブログでも審査に通過したのである。

色々な記事を見てみると、決して貼ってはいけないなどが書いてあることがある。
しかし、このように初心者でも通ったことを付言したい。