読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子的ヒトリゴト

心理学部の大学生ブログ

大学生におすすめの論文・レポートを書くための参考書

SPONSORED LINK

f:id:takahashi_blog:20160322063324j:plain

 

 現在、私は大学2年生である。1年生のときにレポートをいくつか授業で課題として出された。しかし、私は高校生まで何かを論じるという機会があまりなかったため、書き方がまったく分からなかった。

 

 最初に提出したレポートの結果があまりに酷かったため、私は悔しさから参考書を何冊か読んだ(最初から読まなかったのは、レポートを上手に書く参考書がこんなにもあることを知らなかったのだ)。

 

 そこで、おすすめの参考書やそのほかの参考書の評価を紹介していこう。

 

 

実際に役立ったおすすめの参考書2選

 

論文の教室

新版 論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス No.1194)

新版 論文の教室―レポートから卒論まで (NHKブックス No.1194)

 

 

 この本は素晴らしい。私を救ってくれた。レポートに関する本はこの本1冊で良いと思う。

 この本には、ヘタ夫というキャラクターが出てくる。ヘタ夫は著者との対話を通して成長していく。そのため、まったくの初心者も楽しく読める。ほかの参考書に比べるとページ数がやや多い。レポートを書くために必要なことが網羅されていると感じる。

 また、下記で触れる『理科系の作文技術』の中で紹介されているパラグラフ・ライティングの考えを踏襲している。これはあまりほかの参考書には書かれていないが、レポートを書く上で大切になると思う。とりあえずこれを買っておけば間違いない。私自身、これを読んでからレポートを書くことに自信がついた。

 大学初期の段階で読んでおけば、ほかの人が書き方に困っている間に差をつけることができる。

 

 論理トレーニング101題

論理トレーニング101題

論理トレーニング101題

 

 

 この本は論文・レポートに特化した参考書ではないことを断っておく。この本は、論理的思考を養うための参考書である。接続語などについて101題の練習問題を解きながらトレーニングしていく。

 私はこの本を読むまで接続語は何となくフィーリングで選んでいた。しかし、この本を読んでから意識して接続語を選べるようになった(完璧ではないため、間違えることは多々あると思うが)。

 初めに『論文の教室』と合わせて読んでもらいたい。

 

 ほかの参考書の感想

 

 私は上記に挙げた参考書のほかにさまざまな参考書を読んだ。それらも役に立ったが、ほとんどは上記の本で足りると感じた。

 しかし参考のためにそれぞれ感想を述べていこう。

 

 レポート・論文の書き方入門

レポート・論文の書き方入門

レポート・論文の書き方入門

 

 

 この本は大学の文章の書き方のための授業で指定されたものだった。驚くことに、100ページちょっとしかない。大切なことが凝縮されているように感じる。ほかの参考書にはないレポートを書く練習となるテキスト批評について書いてある。この練習は1人ではあまりできないと思う。

 

ぎりぎり合格への論文マニュアル

ぎりぎり合格への論文マニュアル (平凡社新書)

ぎりぎり合格への論文マニュアル (平凡社新書)

 

 

 この著者は2度論文で落第していると書いてある。上記で挙げた『論文の教室』には劣るが、なかなか著者との距離が近い。直接、著者にあれこれ教えてもらっている気分になる。

 

大学生のためのレポート・論文術

新版 大学生のためのレポート・論文術  (講談社現代新書)

新版 大学生のためのレポート・論文術 (講談社現代新書)

 

 

 この本は、レポートをどのように書いていけばいいかについての本ではない。論文を書くためのスケジュールや体裁を整えること、文献集めのための知識が書かれている。私はどんな内容を書けばいいかについて知りたかったため、少し見当違いだった。体裁などの細かい知識を得るためには良いかもしれない。

 

理科系の作文技術 

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

理科系の作文技術 (中公新書 (624))

 

 

 必読書として挙げられる。レポートの参考書の原点であることを考えると読んでみる価値はある。

 

レポートの組み立て方

レポートの組み立て方 (ちくま学芸文庫)

レポートの組み立て方 (ちくま学芸文庫)

 

 

 『理科系の作文技術』と内容はほとんど一緒であるが、こちらには理科系の難しい例文が載っていない。

 

伝わる・揺さぶる!文章を書く

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

伝わる・揺さぶる!文章を書く (PHP新書)

 

 

  レポートの書き方に関する本ではなく、副読本である。文章について考えるヒントになる。

 

これからレポート・卒論を書く若者のために

これからレポート・卒論を書く若者のために

これからレポート・卒論を書く若者のために

 

 

 この本は硬派で安定感がある。

 

日本語の作文技術 

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

【新版】日本語の作文技術 (朝日文庫)

 

 

 テンの打ち方や漢字とカナの使い分けについて書いてある。一読する価値はある。

 

中学生からの作文技術

中学生からの作文技術 (朝日選書)

中学生からの作文技術 (朝日選書)

 

 

 上記の『日本語の作文技術』のエッセンスを抽出したものであるため、内容は一緒である。ここに挙げなくても良かったのだが、挙げる参考書は多いほうが良いと思ったから一応載せる。

 

大学生・社会人のための言語技術トレーニング

大学生・社会人のための言語技術トレーニング

大学生・社会人のための言語技術トレーニング

 

 

 基礎が書かれている。本書の推薦図書において、次のステップとして私が上記に挙げたような本が挙げられていた。つまり、私が上記に挙げた本を読む前に読む本として想定されているということになる。

 

まとめ

 

 初めに『論文の教室』と『論理トレーニング101題』の2冊を読むことを私はおすすめしたい。