読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電子的ヒトリゴト

心理学部の大学生ブログ

学習者用の英字新聞を読まなくなった

大学生の日記 英語

SPONSORED LINK

f:id:takahashi_blog:20160531224151j:plain

 

 「ニュースを英語で読んだら一石二鳥だ。よし。これから3か月間学習者用の英字新聞を読むぞ。もし3か月後読めたら結構な力がつくのではないか」と意気込んで最も短い3か月間の購読を申し込んだ。結果はタイトルのとおりだ。汗顔の至りである。

 

 私の単純なモチベーションだけに起因されない、失敗した要因はいくつかある。ここでは2つ述べる。

 

 1つ目の要因は、私にとってあまり興味がない記事ばかりで、当初の予定と隔たりがあったというこだ。まずニュースを英語で読むために、学習者用の英字新聞を選んだことが失敗だった。学習者用の英字新聞(上記の画像は毎日ウィークリー)はニュース記事があまりない。さらに記事が国際色豊かであった。当初私は日本の主要なニュースが読めたらいいなと思っていた。私自身に非があるとんだ勘違いであったのだ。

 

 2つ目の要因は、現時点の私にとって英文が少し難しく、辞書を引かざるを得なかったということだ。それらを避けるために学習者用の英字新聞は、難しい単語の意味が別の枠に記載されている。しかし、実際は発音記号がないことや記載されていない単語もあることに煩わしさを感じた。個人的に辞書を引く機会が多々あった。kindleを知っている私は、その辞書を引くという行為が非常に面倒くさかった(kindleならワンタッチで発音や意味を調べられるのだ)。

 

 購読する前に「毎週読んでます」などの経験者のレビューに目を通して希望を膨らませていたのであるが、いまいち私には失敗であったように感じる。経験者となった私から言えることは、割くリソースに対して得られるものが少ないということだ。学習用の英字新聞で勉強するなら、単語帳などの参考書類やより多読に最適なkindeで勉強するようがよい。英字新聞を読みたいなら、それらのものでしっかり勉強した後に本物の英字新聞を読んだ方がよい。あくまで学習者用の英字新聞は、本物の英字新聞への、本当に微力な練習のようなものだ。また購読したとしても挫折する可能性が大いにある。したがって、私は学習用の英字新聞を読むことはおすすめしない(※個人の感想です。)。

(885文字、所要時間38分)