電子的ヒトリゴト

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

理想としている合理的思考

f:id:takahashi_blog:20160609150753j:plain
(図1 本文中における説明)

 

 私は合理的な考え方が好きだ。なぜなら非常に建設的であるからである。次にやることが見えてくるし、無駄も少ない。何より理性がある人間にとって議論の余地がないほどに納得ができる。

 

 私はさまざまな合理的思考を重要視している。とくにある1つの理想とする合理的思考がある。それは、”上下関係、すなわち相手のバックグラウンドに左右されずに、共通の目的に対して相手の意見の妥当性を建設的に検討する”というものだ。私はこれを人間のあるべき姿であるとも思っている。現状をより良くするという目的のもとに意見において若手もベテランと同じ立場に立つことができれば、目的を達成できる機会が増え、お互いに得をするからである(図1)。まさに科学はそのような態度である。

 

 そのようなことを考えると、たとえば親子関係において子供が親に対して何かしらの意見をしたときに、親はその子供の意見の論拠をしっかりと吟味すべきだ。論理的に正しく、共通の目的に適っていたらたとえ子供の意見であっても採用し、実行すべきである。逆も然りである。親は親であるということを理由に感情的に否定してはいけない。目的を達成するための合理的態度が身につけば相手が納得できるような妥当性の高い論拠を考える癖がつくし、判断の原因が意見に帰属されるため変に落ち込んだりしないだろう。

 

 実際に私がそのような考え方を100パーセント実践できているわけではない。できていないからこそ理想とし、近づけるような努力をしていきたいと考えている。

(646文字、所要時間40分)