電子的ヒトリゴト

心理学が好きなゲイのブログ。主に読書、考察、心理学、SOGIなど

<読書>マインドマップは勉強に役に立つと感じた

今まで知らなかった

記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術

記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術

 

 私はマインドマップを今まで知らなかった。正確にいうと存在は知っていたのだが、内容やその効果を知らなかった。

 マインドマップを詳しく知るようになったきっかけは、最近私が情報収集をしているときマインドマップという文字がたびたび目についたことだ。そこから興味を持ち始め、それに関する本を読んだ次第である。上記の本は図書館で適当に借りた(本を読まなくてもネットで十分マインドマップに関して知ることができる)。

 

勉強に使える

 マインドマップはあらゆるものに使えるらしい。その中でも私が一番関心を持ったのは勉強に対する活用である。

 こちらのかたの心理学の勉強に関するマインドマップが非常に魅力的にみえた。それと同時に、いままでマインドマップを使ってこなかったことに後悔の念を覚えた。

 これから勉強にマインドマップを使って効果を実証していこうと思っている。現在の所感だと、マインドマップはおおいに役立つ。

 

実際にやってみた

 聞く技術と話す技術に関して、1冊の本を1枚にしてみた。

f:id:takahashi_blog:20160903165720j:plain

f:id:takahashi_blog:20160903165752j:plain

 上が聞く技術、下が話す技術に関するマインドマップである。まだ慣れていないため、拙劣であると思う。マインドマップはブランチ(枝)の上に単語を載せることが原則らしいが、私は文章を書いてしまっている。それでも1枚で全体像が見えてきて、本を読み返さなくても要点がきちんと復習できる。

 

楽しい

 色を使って創造的かつ有機的に物事を理解するのは楽しい。自分の知識構造に操作的に組み込む感じがあって記憶定着にも良いと感じる。

 私がブログに心理学用語を載せていることにも当てはまるように、マインドマップは勉強内容を作品化している。勉強を作品化するとモチベーションの維持に繋がることは、『学ぶ意欲の心理学 (PHP新書)』に書いてある。

 心理学検定のときの勉強にも利用できたらよかったなあ。