電子的ヒトリゴト

心理学が好きなゲイのブログ

<読書>わかっていない部分を把握する/『勉強法が変わる本』

勉強法の本

勉強法が変わる本―心理学からのアドバイス (岩波ジュニア新書)

勉強法が変わる本―心理学からのアドバイス (岩波ジュニア新書)

 

  わかっているつもりが、他人との対話を通して、実はわかっていないと気づくことはよくある。大学で認知心理学を担当している教員が「理解しているかどうかを理解するためのメタ認知は話すことや教えることを通して促進される」と言っていた(記憶が曖昧であるため正確な発言ではないが似たようなことを言っていた)。1人でチェックするにはどうすればいいのだろうか。

 本書は、自分が持っている学習観を見直すために、基本的な勉強法について心理学的観点から解説した本である。非常に安定感があった。

 

定義と具体例で説明する

自分がわかっているのか、いないのか、どうももやもやしているというときに、説明できるかどうかでチェックしてみるというのはすごく大切な勉強法だ。(pp.74-5)

 著者は、意味を理解するためや分かりやすく説明するために、”定義”と”具体例”を把握することがポイントであると言っている。

 逆にいえば、何かを理解するときや説明するときに”定義”や”具体例”を意識するほうがよいことになる。

 

その観点から見つめなおす

  教科書を何回も読んでもきちんと理解したか不安が拭えない。テストを受けても範囲が出題者による局所的なものであるため、抜けがあるのではないかと不安になる。そのような場合は、”定義”や”具体例”を使って用語を説明するのが良いだろう。わからなかったら、”定義”や”具体例”に注目し本を読み直す。

 また、メタ認知を促進させるために、チェックリストを作っておくのもいいかもしれない。自分であらかじめ質問を用意しておいて、自分にぶつける。これなら1人でもできる。