電子的ヒトリゴト

心理学部の大学生ブログ

同性愛はいかにして継承されるか/『同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか』

SPONSORED LINK

 

同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか (文春新書)

同性愛の謎 なぜクラスに一人いるのか (文春新書)

 

  私は子供が好きだ。しかしながら,ゲイであるから一般的なルートで子供を授かり,愛でることは難しい。すなわち,自らの子孫を残すことは不可能に近い。それは生物的に不利ではないか。では,なぜ同性愛は存在するのか。

氏か育ちか

 同性愛ついて回る問題といえば,氏か育ちかの論争である(同性愛にかかわらず発達的な問題においても)。すなわち,遺伝子か環境のどちらが影響しているかという論争である。発達的な問題に関しては,現在は遺伝子と環境の相互作用であるという相互作用説が有力である。では,同性愛はどうだろうか。本書の中で,ベイリーとピラードの双生児研究が紹介されている。その結果は以下のものであった。

一卵性双生児で一方が同性愛者(バイセクシャルも含む)であると,他方も同性愛者である確率は,52%(56例中29例)。

二卵性双生児で一方が同性愛者であると,他方も同性愛者である確率は,22%(54例中12例)。

義理の兄弟で一方が同性愛者であると,他方も同性愛者である確率は,11%(57例中6例)。(pp.67-68)

 この結果からわかることは,同性愛にかかわる遺伝子的要因は大きく影響するが,環境的要因も影響するということである。

男性同性愛遺伝子はどのように増えるのか

 何らかの同性愛遺伝子があることが示唆された。しかしながら,同性愛者は子孫を残すことに対して不利にもかかわらず,平然と同性愛遺伝子は受け継がれているのか。本書の中では,いくつかの説が紹介されている。その中の1つは,トリヴァースによるX染色体に関する理論である。その要点はこうだ。「女の繁殖にとって有利な働きを,X上にある男性同性愛遺伝子が持っているとするのなら,たとえ男性同性愛遺伝子が男の体に存在して彼の繁殖に不利になる働きをしたとしても,その不利を十分に補いうる。だから男性同性愛遺伝子は消え去らずに残っているのだろう」(p.201)。これは,男性同性愛者の母方の女は,男性異性愛者の母方の女よりも子を多く産むことを意味する。つまり,男性愛者自身が子を残さなくとも,母方の女が代わりにとてもよく繁殖してくれているために,男性同性愛遺伝子は淘汰されないようである。