電子的ヒトリゴト

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

LGBT疲れ

 最近、僕はLGBT*1に疲れている。ここでいうLGBT疲れ*2は、セクシュアルマイノリティ(以下セクマイとする)に伴うよくある1次的な疲れではなく、それより一歩進んだ2次的な疲れを指している。すなわち、よく言われるような、同性愛者が異性愛者を偽るために嘘をついたりすることによる疲れではなく、その先にある疲れだ。

 僕が感じている2次的な疲れは主に2つある。1つ目が、セクマイという共通項だけで対人関係を維持していることによる疲れである。セクマイはまだまだ社会的に阻害されている存在である。そのため、セクマイ同士でコミュニティを形成することによって、その1次的な疲れを緩和しようとする。僕の場合、最初はそれでよかった。似たような経験をしている者同士、共感できるところが多く、孤独感や疎外感が大いに癒されたし、救われた。しかし、セクマイのコミュニティに長く安住していると、自分のマイノリティ感覚が薄れ、セクマイという共通項だけで対人関係を維持することの限界を感じるようになった。たとえば、異性愛者で考えてみると、対人関係を維持することの理由が「相手が同じ異性愛者だから」ということの不思議さがわかるであろう。

 つまり、セクマイはマイノリティであるという外的な基準によって結びつきを強要されているが、セクマイのコミュニティに安住すると自分のマイノリティ感覚が次第に失われ、内的な基準によって結びついていない関係から離れたくなる。しかし、セクマイのコミュニティから一歩離れれば、そこはマジョリティの世界であり、自分のマイノリティ感覚が強まってしまう。そして、最初に戻る。僕は、社会的にマイノリティであること自体にも疲れを抱くが(1次的な疲れ)、そこから逃れるためのコミュニティの中でも疲れてしまうのである(2次的な疲れ)。本当はマイノリティ感覚に伴う孤独感や疎外感を強めることなく、内的な基準によって構築される対人関係があれば良いのだが、なかなか厳しい。

 2つ目が、セクマイのコミュニティで頻出する批判的な意見や主張に触れることによる疲れである。セクマイのコミュニティ(現実・インターネット問わず)にいると、批判的な意見や主張をよく目にする。マイノリティであることによる社会的な障害を取り除くために、現状に対して批判的な意見や主張をすることは大切だと思うのだが、それに頻繁に触れすぎて、知らないうちに疲れてしまう。

 以上が、いま僕が感じているLGBTに関する2次的な疲れである。考えてみれば、これらはセクマイだけでなく、ほかのマイノリティにも当てはまる。また、これらは僕の内向的なパーソナリティによる部分が多いと思う。

*1:レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの略で、主にセクシュアルマイノリティを指して使われる言葉。

*2:セクマイ疲れではなく、LGBT疲れとしたのは、キャッチーだからである。