電子的ヒトリゴト

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

仕事を人に任せる

 諸事情によりもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら (新潮文庫)を読まなければならなくなった。本書に書かれていることを、私はいま取り組んでいる組織活動と対比して考えた。その結果、痛感したことは仕事を他人に任せるということである。仕事を他人に任せる。マネジメント的にいうなら、責任を持たせて働きがいを与える。私は今まで他人のためになるべく多くを自分でやろうと考えていた。仕事を他人に任せると、任せられた人にとってその仕事は負担になるのではないかと考えたのである。しかし、逆に適度に仕事を任せることが、その人にとっても良い結果をもたらす可能性がある。それは双方にとってより良い。仕事を任せるのがいきすぎるとブラックになってしまうため、バランスが大切ではあるが。