電子的ヒトリゴト

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

youtuberのゲイのカミングアウトについて

 この件について少し触れる。内容を簡単に述べると、チャンネル登録者数が約20万人のyoutuberグループの1人がゲイであるとカミングアウトした。

 これを見て、僕は希望を持った。影響力がある人が途中からゲイであることを明かしたからである。これまでにも日本のメディアにおいてゲイは存在している。しかし、その場合、ゲイであることを武器にして出演していることが多い

 今回はそれとは違い、ナチュラルな形でゲイであることを明かしたのである。途中からゲイであることが明かされることによって、視聴者などの周囲の人は、ゲイを一気に身近なこととして感じると思う。なぜなら、最初からゲイであること知っている場合と途中から知った場合では認知的な処理がまったく違うと考えられるからである。

 最初からゲイとして触れた場合、その人はステレオタイプ的なゲイとして処理され、自分とは全く関係ない存在になる。しかしながら、いままで親しみを覚えていた人が、ゲイであると分かった場合、自分と関係する存在として、その認知的な処理は、より詳細なものになるのではないだろうか。

 そして、この出来事は、これから起こることの萌芽とみなすことができる。セクシュアルマイノリティであるが、それをいままで公言してこなかった著名人たちが、ナチュラルな形でカミングアウトする日は近いと思う。私としては、セクシュアルマイノリティの問題はメディアが一番大きく関連していると考えているので、これは希望になる。