電子的ヒトリゴト

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

ゲイと腐男子とBL

 僕は、BL作品が好きである。しかし、腐男子とは無縁である。

 wikipediaの「ボーイズラブ(BL)・やおい作品を好む男性のこと」という定義によると、僕は腐男子に当てはまるけど、僕は、自分を腐男子ではないと考えている。単なるゲイなのだ。

 僕が思う腐男子は、ゲイではないがBL作品が好きな男性のことを意味する(以下、腐男子はこの意味で使用する)。その理由は、ゲイがBL作品を見るのと、腐男子がBL作品を見るのとでは、感じ方が違うと思うからである。ゲイがBL作品を見る場合、BL作品は、おそらく自分の恋愛欲求や性的欲求を満たすためのコンテンツになる。しかし、腐男子がBL作品を見る場合、純愛や萌えを享受するためのコンテンツになるだろう。

 以上を踏まえ、いままで気になっていたことがある。それは、腐男子を自称する多くの人は、自分がゲイ、またはバイセクシュアルだと言いたくないために、腐男子と言っているのではないか、ということだ。なぜ、そう思うのかというと、実は、むかし僕は腐男子を自称しようとしていた時期があるからだ。自分がそうだったから、他人もそうだ、というのは暴論であると承知したうえで、そうじゃないかなあと何となく思う。

 なぜ、ゲイではなく腐男子を自称したいか。それは、内在化されたホモフォビアと周囲のホモフォビアを回避するためである。つまり、ゲイだと自称するより腐男子だと自称するほうが、自分にも周りにも受け入れられやすいと、自分が思っている。どこかゲイであるというレッテルが自分に貼られることへの恐怖があるのではないだろうか。しかし、ゲイ的な指向があるにもかかわらず、ゲイを使わず、腐男子と積極的に自称するのは、悪くはない。むしろ、大切なプロセスだと思います。

 「いや、そうじゃない。ここに書いてあることは、まったく見当違いだ」と言う方もおられるだろう。そうなったら、そうなったで、腐男子の心情に関して、ますます興味がわきます。以上、個人的な思いでした。

 

<参考>

腐男子 - Wikipedia

腐男子とはなんなのか。男が好きだからBLを読むんじゃないんだぜ - エキレビ!(1/2)

BLに萌える「腐男子」増加中 ホモ好き男子の実態 - NAVER まとめ