電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、セクシュアリティ、雑記など

ジョーイ・グラセファ

 約1年前、僕がLGBTに関する情報収集を始めた頃、ジョーイ・グラセファ(joey graceffa)という人を知りました。彼はさまざまなことをしているようで、youtuberとしても人気です。重要なことに、彼は2015年にゲイであることをカミングアウトしています*1

 彼の魅力的な容姿やポジティブな生活、姿勢は、僕の当時持っていたゲイに対するネガティブな印象を変えてしまうほどに衝撃的だったことを覚えています。ゲイにもこんな人がいるんだと思いました。ただし、後から知ったことですが、彼にはゲイであることに加えて学習障害など他にもにもさまざまな苦労があったようです。

In Real Life: My Journey to a Pixelated World (English Edition)

In Real Life: My Journey to a Pixelated World (English Edition)

 

 カミングアウト、またはゲイに関しては、彼はこの本の中でこのように言っています。 

自分の友達、そしてあなたにカミングアウトするのにとても長い時間かかったのには他の大きい理由があると考えている。それは、僕が子どもの頃、女らしいことでたくさんいじめられたことだ。僕の一部が、ゲイであることを告白することはかつて僕をいじめたやつらの正当性を確認することであると感じた。侮辱としてゲイと呼ばれることは、僕を感情的に傷つけていた。僕の人生の中で、彼らの誰ともおそらく決して話すことはないと知っているけど、僕は彼らに対して一歩も引いてはならないとまだ感じていた。それは、つまり、ゲイにはなりたくなかったということ。そして、僕が女らしく振る舞うから、みんな自動的に僕がゲイであると推測することに僕の一部はいらいらしていた。たしかに、それは本当だ。でも、僕は自然に振る舞っていたから、ステレオタイプを増大させたくなかったのだ。(p.157)

 

 最後に僕が好きな動画のリンクを貼って終わりにします。

GOOD TIME! "OWL CITY & CARLY RAE JEPSEN" (LIP DUB) - YouTube

DON'T WAIT | OFFICIAL MUSIC VIDEO | Joey Graceffa - YouTube

 ちなみに、僕は英語が不得手なので、日常の動画で彼が何言っているかわかりません。上記の本に関しても、あまり理解できませんでしたが、雰囲気は楽しめました。みなさんも雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか(二つ目のリンクの歌については、日本語の字幕がありました)。

 この記事を書いてみて思ったことは、日本には、ゲイ、またはセクシュアルマイノリティのポジティブなロールモデルが不足しているのかもしれないですね。