電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

最近、考えたことや勉強したことで印象に残っているものはありますか

 「最近、考えたことや勉強したことで印象に残っているものはありますか」。

 

 今思いついた。このフレーズを友人に対して挨拶代わりに使っていこう。その行為には、以下の3つの効果があると思う。今思いついたことなので、確証はまったくない。

 ①話し手も聴き手も勉強になる

 これはほとんど当てはまると思う。話し手は、考えたことや勉強したことを思い出すこと(想起すること)によって記憶を強化し、聴き手は、新たに知識を増やすことができる。また、その話の議論が深まり、話し手の見解が独善的ではなくなる。

 ②勉強に対する動機づけが高まる

 これは、以前の記事に関連している。関係性には動機づけにおいて2つの役割があって、1つ目は心理的サポートであり、2つ目は価値の内在化である。心理的サポートに関していうと、思索や勉強は孤独なものになりがちだが、それらの結果を共有することによって孤独感が和らぎ、安心できる。価値の内在化に関していうと、話し手が興味を持っていきいき話している気持ちが聴き手に伝染する。それらの結果、勉強に対する動機づけが高まる。

 ③関係性が深まる

 このフレーズは、「最近調子どう?」などと違い、ある程度話の焦点が絞られてくる。そのため、対応しやすい。また、話し手は自分の印象に残ったもの、すなわち興味があるものに基づいて話すため、その人の興味が知れるし、お互い楽しい。まあこの辺は好みだけど…。

 

 このフレーズを言うことは、ある意味で定期的な読書会を大幅にグレードダウンさせたカジュアルでラフな知的交流である。ん~。でも、人によっては、そのような話をしたくない人もいるのかな。会うたびにしつこく使って嫌がられたら嫌だなあ。