電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、セクシュアリティ、雑記など

自分の調子と部屋の散らかり

 ここ最近、身体・精神の調子が悪かった。その原因は、体力が落ちていて風邪気味だったり、精神的なストレスだったりするのだろう。口内炎がいくつもできていて、ここ1週間ぐらい食べるときすごい痛かった。

 それと同時に、部屋もかなり散らかっていた。日が経つにつれて、どんどん散らかっていった。まるで、身体・精神の状態が悪化するにつれて、部屋が散らかっていくようだった。それは、つまり、部屋の散らかりがそのまま自分の調子を表していたのだ。

 そして、今日、身体・精神の調子が戻ってきたので、1時間ぐらいかけて部屋を掃除した。ここでもまた自分の調子と部屋の散らかりが連動している。部屋の散らかりがみれば、自分の調子が可視的に把握できて、いいね。人の状態と部屋の状態ってどれくらい関連があるのだろう?