電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

「人工的」と「人間って感じ」

f:id:takahashi_blog:20171211201940j:plain

 昨日、知人と近代的な建物に入り、餃子を食べた。だが、餃子が冷たかった。解凍しきれてないようだった。その餃子を食べながら、「空間の雰囲気は人工的だけど、この餃子は人間って感じ」と僕はつぶやいた。つまり、空間の雰囲気は、計画的・作為的な完全性を備えているが、この餃子は、偶発的な不完全性を備えていることを言いたかったのだ。しかし、よく考えてみると、「人工的」と「人間って感じ」ってどちらも人間が成している。言いたいことは反対のことなのに。不思議。たぶん、前者は人間は自然を支配し超越しようとする人間観で、後者は人間そのものが自然的とする人間観なのか?