電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

ロールモデルから効果的に学ぶ方法

 『レジリエンス:人生の危機を乗り越えるための科学と10の処方箋』を読んでいたら、ロールモデルから効果的に学ぶ方法について書かれていました。長い間にわたって、研究者はロールモデルから効果的に学ぶ方法について研究してきたようなのですが、今回のは、それらの研究の結果をもとに、著者たちがまとめたもののようです(p.181)。以下に簡単に言い換えて紹介します。

まず、ロールモデルの行動を真似するときには、その行動を注意深く分析し、その後、以下のことを行う。

①シンプルな要素にわける:複雑なスキルを単純な部分に分け、それぞれの部分的な要素に集中する。

②そのスキルをさまざまな状況下で観察する

③練習をする:ロールモデルを真似た態度や人格のスタイル、行動を自分がとっていると想像することによって練習したり、自身の生活の中で実際に行うことによって練習したりする。

④フィードバックを受ける:可能な場合は、専門家や訓練された目をもった人に建設的なフィードバックを受ける。自分とロールモデルの類似点や相違点を指摘してもらう。専門家はロールモデルとの違いを修正するためにどのようなステップを踏めばいいか教えてくれる。

 これはとてもいいですね。僕もモデリングに関しては、日々の生活の中で「良いなあ」と思う人の行動を観察し真似しようと試みているので、上記のステップは参考になります。今は、ユーモアを高めるために下鴨矢三郎というキャラクターのモデリングをやろうかなあと考えております(笑)

takahashi-blog.hatenablog.jp

 

追記(2017.12.19)

 ロールモデルの真似したい行動を分析し、シンプルな要素に分ける前に、その行動(スキル)に名前をつけたほうがよいと個人的に思った。スキルに名前をつけ、さらに真似したいスキルの範囲を定義する感じかな。