電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、セクシュアリティ、雑記など

『問題解決大全』

 f:id:takahashi_blog:20171219125842j:plain

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

問題解決大全――ビジネスや人生のハードルを乗り越える37のツール

 

 読書猿さんの本です。いつもブログを拝読していて、「なんだこの人は」といつも思っております(良い意味で)。

 本書は、問題解決に役立つ37のツールを具体例やその背景を交えて、文献を示しながら解説してくれている。その37のツールは実際に日常に使えるようなお手軽さを呈しているにもかかわらず、それらには先人たちの知恵が詰まっており、奥行きがある。人生に困ったときに、「この本さえあれば何とかなるのではないか」と思わせてくれるほどに実用性と頼もしさを兼ね備えているのだ。まさにバイブルである。

 さて、今すぐにでも使ってみたいなあといくつか思うのがある。たとえば、「100年ルール」、「ニーバーの仕分け」、「コンセプトマップ」、「問題解決のタイムライン」、「フロイドの解き直し」、「問題への相談」、「エスノグラフィー」、「二重傾聴」などである。

 「ニーバーの仕分け」は、平静の祈りに基づいている。この平静の祈りは、ハリス*1によると、ACTの中核となる哲学としても語られる。とてもいいよね。『問題解決大全』には以下のように書いてある。

神よ、与えたまえ。

変えられないものを受け入れる平静な心を、

変えられるものを変えていく勇気を、

そして、その両者を見分ける知恵を。(p.36)

 また、「問題への相談」は、ナラティブ・セラピーの考えである「人は問題ではない。問題が問題だ」*2という問題の外在化に基づいていますね。意識して使いたいなあと思います。