電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

目的的と手段的のバランス

takahashi-blog.hatenablog.jp

 

 以上のような記事を書きました。

 僕は、いままで手段的になりすぎていたなーということを改めて感じました。手段的な活動ばかりしていると、「結局、何のための人生なんだ」という気持ちになります。人生は目的的という前提に立てば、それは当たり前です。最終的には意味はないのですからね。そのため、目的的な活動をして、時々立ち止まらないと、心にゆとりがなくなる感じがします。2x2のマトリクスにしてみました。

f:id:takahashi_blog:20180119000440j:plain

 

 人生を生きるうえで、①と④の領域のバランスが大切な感じがします。その比率はどのくらいがいいのかはよくわかりません。あと、②と③は減らしたほうがいいのかもしれません。微妙に違うような気もしなくもないですが、目的的=非生産的=活動の先に意味がない、手段的=生産的=活動の先に意味があると言い換えてもいい気もします。僕はいままで生産的にこだわりすぎていて、自他を評価し、休む暇がなかったような気がします(実際はたくさん休んでいたが、その休んでいるときも、生産的という基準で自分を評価していた)。

 この記事は、目的的かなあ? あーでも、誰にとっての意味なのかによって違うのか。誰にとっても意味がない状態を非生産的とすると、目的的とは違うような気もしますね。よくわかりません!