電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、SOGI、日記など

繊細な人同士だと安心感はあるけど少し退屈

 

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。

 

 

  繊細な人(HSP)は、同じような人と親密になると、「やっとわかってもらえる人に会った」と感じられる一方で、ふたりとも距離をおく傾向にあるので、関係が乾いているみたい。しかし、お互いがお互いの安全な港になることができるという。

 私の印象から言えば、似たような性格のふたりの人がつきあうと、たいていは争いが少なく、よくわかりあえるようだ。これは退屈でもあるのだが、「内的な世界」を旅する時に、お互いがお互いの「安全な港」になることができる。各々が旅を続け、その途中で港に泊まり、お互いの経験を分かち合うことは至福である。(pp.228-229)

  これは、僕の経験からもわかるなあ。繊細な人と一緒にいるとすごい安心するのだけど、ずっと一緒にいると刺激が少なくて少し退屈な感じがしてくる。僕は繊細の人と一緒にいたいのか一緒にいたくないのかどっちなのかってずっと思っていたから、こういうふうに言葉にしてもらえてスッキリした。お互いがお互いの安全な港になることができるってすごい良いね。退屈さに振り回されずに、今よりもっと繊細な人を大切にできそうな気がする。