電子的独り言

ゲイのブログ。主に読書、心理学、セクシュアリティ、雑記など

最近の変化

・結果より過程を楽しめるようになってきた。

これは、ACTの影響が大きい。人生は旅のようなもので、過程を楽しむものだ。内容に固執せず、その文脈を楽しめるようになると、豊かになるのだなあと感じる。実利的になりすぎるのも、疲れる。

 

・否定的な言動があまり嫌いではなくなってきた。

前は、坂上忍さんがあまり好きではなかったのですが、そこまで嫌ではなくなってきました。人間的なコミュニケーションにおける成功は、問題なくやり過ごすことではなく、本音で語り合うことという認識に変わってきています。そのため、ケンカなどに対しても肯定的な感覚をいまは持っています。社会的には、否定的な言動は抑えるべきものだとされてますけどね。

 

・ゲイアプリにおける行動が変わった。

ゲイアプリを使っていて、自分の中で段階的な変化があるのが面白いです。たとえば、ゲイアプリを使い始める前は、ゲイアプリなんてなんか怖くてできないという感じでした。それから、恐る恐る登録し、最初は何もせず、ひたすらみんなを眺めていました。その後、受動的ながらもメッセージなどを少しずつやり取りするようになったのですが、リアルは依然として恐ろしくて、リアルという文字を見た瞬間に返信するのをやめるなどしていました。次に、いいねやブリーディングなど、自分からアクションを起こせるようになっていき、最後にメッセージやハウリングを自らできるようになっていきました。それとともに、リアルも少しずつ平気になっていきました。

 その際、最初はイケメンばかりにアプローチしてたんですけど、あまり反応がないので、そのアプローチ方法を改めて、あまり容姿にこだわり過ぎないようになってきました。

 段階的な変化が自分でもはっきり感じられて、面白かったです。